普段から実践できるスマホの寿命に関する使い方を紹介

スマホの寿命をなるべく長持ちさせるポイント

充電方法と充電器選びで差をつける

スマホの寿命をなるべく長持ちさせるには、充電のタイミングはとても大切です。
良好なバッテリー状態は40~80%のため、充電のタイミングは残量が20%くらいになってからが良いでしょう。
充電のタイミングを意識すると、1日1回の充電かそれ以下に充電回数を抑えることができます。
寝る前に充電器に挿すのではなく、管理できる状態で充電するようにしましょう。

充電器はPSEマーク(電気用品安全法の基準を満たすマーク)が付いているものを使用してください。
現在はPSEマークのない充電器はほぼありませんが、PSEマークにより品質を保証されたものでなければ、バッテリーへの何等かのダメージや安全性に問題がある可能性もあるからです。

さらに高温状態を避ける環境のため、充電中はケースを外すと良いでしょう。
脱着しやすいケースだと便利なので、ケース選びも見直してみてください。

スマホ保護と省エネで寿命を確保

スマホの画面には保護フィルム、スマホ本体には耐久性の高いカバーを付けることをおすすめします。
保護フィルムは画面割れを予防、カバーは落とした際の衝撃を最小限にします。
なるべくスマホに衝撃を与えないことが良いですが、万が一のときのために保護するようにしましょう。

またスマホ使用時は使っていないアプリやWi-Fiを、オフにすることでバッテリーへの負担を軽減できます。
アプリやWi-Fiをずっと使っていると、常に外部と通信している状態になり、電力消費も進んでしまうからです。
位置情報サービスも使っていないときはオフにすることをおすすめします。

さらに最新スマホには低電力モードなどの名称の、省エネできるモードが搭載されています。
消費する電力を抑えることで、バッテリーの消耗を抑えることができるものです。
バッテリーの消耗がゆるやかなら、充電回数も減らせるので積極的に活用してみましょう。