普段から実践できるスマホの寿命に関する使い方を紹介

スマホの平均寿命は?使用頻度や用途によって異なる

スマホの充電や使用環境は、スマホの寿命に大きく影響することをご存知でしょうか。 充電回数が多い場合はバッテリーの寿命にも影響するので注意が必要です。 スマホの寿命を縮めてしまう使い方にはどんなものがあるのか、普段のスマホの使い方を振り返りながら、詳しく見ていきましょう。

普段から注意したいスマホの寿命に影響を与える使い方

スマホは本体部分とバッテリーそれぞれに寿命があり、使用頻度やどんな使い方をするかによって寿命に差が出ることがあります。
スマホ本体の寿命は4~5年で、頻繁に使う場合でも2年程度は通常通り使えます。
2年程度は使えるといっても、2年も使い続けると多少は不具合が気になるようになります。

本体をできるだけ長く使うなら、バッテリーの状態もチェックするようにしましょう。
スマホのバッテリーは充電回数により寿命が変化します。
充電回数は300~500回が目安、1日1回充電したとすると1年から1年半程度で寿命が尽きてしまう計算です。
電池の減り方が早いなど、バッテリーの不具合を感じ始めたら交換することがおすすめです。

スマホの寿命は約2年ということがわかりましたが、最新スマホはどうでしょうか。
最新スマホは古い型のスマホに比べて不具合が起こりにくく、スペックも高くなり、使い方次第で長く使うことができます。
どれほど長く使えるかで言えば、古いスマホの約2倍、4~5年は使い続けることが可能です。

ただスマホの料金プランのほとんどが2年縛りの契約なので、バッテリーに不具合が出始めるころ、または新しい機種が出るのに合わせて2年程度のサイクルで買い替える人も多い傾向です。
2年ごとに買い替えることは、スマホの不具合をあまり感じないうちに高スペックのスマホを使えるので、考え方によってはお得になることもあります。

ですが、スマホやバッテリーに負荷をかけない使い方を意識していくことで、スマホ本体を使い続ける方がスマホにかかる費用は安く済みます。
次ではスマホの寿命に影響する使い方をチェックしていきましょう。

スマホの寿命をなるべく長持ちさせるポイント

スマホの寿命を長持ちさせるには、普段から寿命を考えた使い方をする必要があります。 また使い方のほかにもスマホを保護することや、消費電力を抑えるなど省エネを意識することも、長持ちさせることに貢献します。 大きく分けてバッテリーとスマホ本体について、寿命を長持ちさせるポイントをご紹介します。

スマホの寿命を感じたらやっておくべきこと

スマホの寿命が近いと感じたときは、スマホ内のデータを守るためにバックアップを取ることが必要です。 バックアップはアプリやログイン情報までは守ることができないので、アプリに関する情報は別の方法で守らなければなりません。 スマホの寿命が近いと感じたときに、やっておきたいことをご紹介します。